患者の気持ちに応える看護

 患者が心から気持ち良くなれるような看護実践を心掛けている看護師が数多くおられることでしょう。患者の気持ちを汲むくらいの看護をするべきだとおっしゃる看護師が居ると思い、ややもすれば患者を家族として扱うくらいの慈悲が必要だと思っている看護師が居ても不思議ではないのです。気持ちの持ち方次第で看護の質が著しく変わっていくと思い、心の通う看護をしている看護師は、往々にして患者を大切に扱おうとする気持ちを乗せた看護をすることを念頭に置いているのが窺えてきます。心から患者が救われることを願う気持ちが看護を通して患者に伝わっていくことは多々考えられるのです。患者の立場に立った看護を患者に捧げることで、患者は自分を本当に大切な存在として見てくれているのだということを感じ取っていくのであります。患者が健康を取り戻したい想いに応えられる看護をすることで、患者は清々しい気持ちになるくらいに心がスーッと軽くなるのです。
患者の気持ちを落ち着かせるくらいの看護実践をしている看護師がいることでしょう。患者の心を優しく包み込む程の包容力を感じさせる看護をするのだろうと考えられます。看護師は、患者は尊い存在だという考え方を持っているため、究極の癒しを感じさせるくらいの看護を生み出していると言えるのです。看護の力が強くなる程、患者が社会に戻りたい気持ちを後押しする看護に昇華されていきます。看護師が癒しの追求をすることで、患者の気持ちに直接働き掛ける看護を提供することにつながっていくのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です