同じ女性として寄り添いたくて

婦人科の病院で働くために勉強を重ねている方が多くおられることでしょう。婦人病を抱えた患者を救うために尽力することにやりがいを持てるのが感じられて、乳がんなどの症状を改善したいと思っている患者に寄り添える看護実践をしていくことを心掛けているのが窺えてきます。同じ女性だからこそ、女性患者を何とかして救いたい想いを強固にしていき、患者を日の当たる場所に戻すことを使命として掲げていくのです。その使命を果たすべく、婦人科の看護師へ転職を希望している方も少なくないと思うのです。
乳がんの術後患者に対して看護をしている看護師は、乳房の切除に至らなくて本当に良かったと思っていることでしょう。乳房は女性の体を代表するものと言っても過言ではないくらいに象徴性に富んでいます。医療技術の進歩によって乳房を温存する乳がん治療が確立されているため、乳がんを患っている女性にとっては本当に有難いことだと感じているのが見て取れるのです。これから乳がん治療を受ける患者に対して、優しく寄り添える配慮が看護師に求められています。婦人科の病院で働いているからには、女性としての自尊心を尊重できる心の看護も必要になってくるのです。
子宮がんを克服した患者へねぎらいの言葉を掛けている看護師は、患者の体に卵巣が一つ残っていることにホッと胸を撫で下ろしているのではないでしょうか。患者が退院した後に、新たな命が患者の元へ授かるのを想像しているのが容易に察せられます。子供を産み育てることは女性にとっての喜びなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です